大人ニキビは女性ホルモンのバランスの崩れから

家出大崩壊 > ニキビ > 大人ニキビは女性ホルモンのバランスの崩れから

大人ニキビは女性ホルモンのバランスの崩れから

20歳を過ぎてから発症する大人ニキビは、女性ホルモンのバランスの崩れが原因で発生することが多いようです。

女性ホルモンのバランスは、睡眠不足や栄養の偏りなどの生活習慣、それに、ストレス、激しい運動、女性であれば生理周期や更年期によっても崩れてしまいます。

生理のときや更年期にはホルモンバランスが崩れやすくなっています。

特に排卵後から生理までの黄体期と呼ばれる時期には皮脂の分泌を活発にするホルモンが多く分泌され、大人ニキビの原因となります。

また、男性ホルモンの分泌が過剰になることの影響でニキビとなって皮膚表面に現れますが、さらに、ストレスを深く感じるとストレスホルモンの一種と男性ホルモンの一種が多分に分泌されます。

このように男性ホルモンの過剰な分泌から発生するニキビは、10歳代後半にみられる思春期ニキビです。

そして、思春期ニキビの場合、思春期による過剰な男性ホルモンの分泌がから、新陳代謝が活発になり、皮脂が過剰に分泌された結果、毛穴につまってしまいニキビになってしまいます。

思春期ニキビは、おでこや鼻筋にかけてのTゾーンにできますが、大人ニキビは、あごや口の周り、フェイスラインなどを中心に発症しやすく、これらの顔以外に、背中や胸、クビ、お尻まで、できることが多いようです。

また、大人ニキビは、治ったと思っても、また同じ場所に繰り返してできて、とても治しにくく厄介なニキビです。

間違いのないダイエット・スキンケア・ヘアケアを!

現在、さまざまなニキビ対策の化粧品が販売されていますが、大人ニキビを改善するには、まずは、充分な睡眠を取り、栄養バランスの良い食事を摂り、ストレスを溜めないなど、今までの生活習慣を見直して規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

また、男性ホルモンの分泌を抑えるには大豆イソフラボンを摂取するといいといわれています。